全国青年印染経営研究会

印染の技法・技術の紹介

印染の染色方法の主な種類 ・ 印染製品別の染色方法と特徴 ・ 防染法と直接法 ・ 染色技法の違いによる製品の特徴 ・ 染料



防染法と直接法


防染法

もち糊・蝋・ゴムなどの防染材を布に施し、染まらない部分を作り、挿し色もしくは地染め(バック)を 印(模様)に染め抜く技法。

のり染め・友禅・型染め・筒描き・注染などがある


直接法

防染材を使わずに直接布に染料や色(顔料)を付け印(模様)を染める技法。

捺染・プリント・ステンシル・手描友禅・インクジェットなどがある。



防染法

手糊置きによる染(筒描染)

1枚もの製品、のれん、旗、神社のぼりなど。

1枚の別注でも価格が安く、手作りらしさがある。しかし、仕上がりににじみ、汚れがつきやすい。複雑なデザインは、不可能である。製作日数が長く必要 。

型糊置きによる染

1枚〜数枚の製品。

藍染袢天、硫化染製品、風呂敷など。
ロゴマーク、指定書体などがあり、手糊では描けないデザインの製品。

同じ印のとき、数が多いと安くなる。ある程度、複雑なデザインでも可能。手作りのあたたかさが残っている。ある程度、版の保存が可能 。



直接法

スクリーン捺染(手捺染、機械捺染)

1枚〜数量まとまる製品。

顔料染、反応染が一般的。

旗、のぼり、袢天、バンダナなど 。

数量が少ないと高価になる。ある程度、思ったとおりのデザインが染色可能。写真製版、カラー分解製版も可能、これにより特に顔料では、かなり写真的なデザインもOK。版の保存ができないため、その都度製版するのでリピートの注文数により価格が違う。



印染製品については、こちら→「日本の印染」