全国青年印染経営研究会

印染の技法・技術の紹介

印染の染色方法の主な種類 ・ 印染製品別の染色方法と特徴 ・ 防染法と直接法 ・ 染色技法の違いによる製品の特徴 ・ 染料



印染の染料


天然染料

主に植物の葉・茎・幹・根・皮や動物・虫・貝を原料にして作られた染料。


藍・渋木・カテキュー・ログウッド・コチニールなどがある。


化学染料

化学的に合成して作られた染料。色の純度が高く、高堅牢度で一般的に使われている。

反応染料・直接染料・硫化染料・バット染料・酸性染料・ナフトール染料・分散染料・カチオン染料などがある


顔料

水にも油にも溶けない色素を使用した一般呼称。顔料の分散液を樹脂(接着剤)と共に繊維に付着させ、固着させる。近年合成樹脂の発達と顔料の超微粒子分散の技術が進歩して多用途に使われる。